2010/04/28

成田を16:20分に発つCI101便は、19時過ぎ(台湾現地時刻)に桃園国際空港に到着する。

?

乗り継ぎのバンコク行きCI065便は22:45分発なので、結構な時間をつぶさなければならない。

?

中華航空のラウンジは、台北だけでなくバンコクも結構食べ物が充実していて、麺類も何種類かあったり点心が豊富だったりとついつい食べたくなってしまうのだが、次の機内食のためにここはグッとこらえ、ペリエだけで過ごした。

?

そして、搭乗したCI065便で出た機内食。

?

この便はバンコク経由アムステルダム行きで、バンコクまでは軽食という扱いになっているが、ぜんぜん軽食じゃないぞ(笑)

?

ウェルカムドリンクはまたしてもシャンパンとミックスナッツ。

何か、101便の写真のコピペみたいだな。

P1000814.jpg

?

今回はメニューの写真を撮るのを忘れちゃったので、サイトに載っているメインディッシュ以外の正式な料理名がわからない。

?

前菜は、エビをメインにしたもの。一番上にエビの身。薄いパンケーキのようなものをはさんでその下にはエビをたたいて細かくしたものをマヨネーズで合えたようなものがある。

右に見えているのはオリーブオイルに少し手を加えたもので、皿をテーブルの上に置いてから注いでくれる。

P1000816.jpg

?

中華料理をリクエストすると、スープも出る。

この日はクリームマッシュルームスープ。茸はシメジのようなもののほか2?3種類が使われていた。

色はちょっと不気味だけど、味はまともだよ。

P1000817.jpg

?

メインディッシュは、中華料理の3種盛り合わせにご飯。

台湾名物の田鰻とエビのブラウンソース炒め(辛い!)、炒めたキャベツの上に豚肉のローストのようなものを乗せたもの、青菜、ベビーコーン、アスパラガスなどのミックス炒め。

P1000818.jpg

?

デザートは、フレッシュフルーツとハーゲンダッツアイスクリーム。

?

この日のファーストクラスは、自分のほかに乗客は1人だけ。

もうこうなると、毛布をかけてくれるは、スリッパは履かせてくれるは、食事の時のナプキンは胸のボタンに留めてくれるはで至れり尽くせり。

?

もっとも、どこの航空会社でもそうだが、ファーストのCAさんはベテランさんがほとんどで、この日も3人いたが2人はどう見ても40近かった。

?

別に、若い子を望んでるわけじゃないんだけどね。

Category

Recent Comment

Recent Commentopen

Archive

Archiveopen