2010/07/13

チェンマイ市内中心部の道路に出ていた日本語付きのゲストハウスの看板

?

?

市内中心部の通り沿いに出ていた、とあるゲストハウスの看板。

?

この"貸し"を"貨し"と間違えている看板は、結構よく見かける。

?

ひょっとすると、同じ業者(人)が作っていたりして。

?

"せんぷき"も、おっしいなあ?(タモリ風に)


自分は英語もタイ語もほぼ問題なく使えるし、もはやチェンマイでは旅人としての感覚をほとんど失ってしまっているので、感覚としてつかめないのだが、仮に英語もタイ語もできず、初めてチェンマイにやって来たとして、このような日本語表示は、今夜の宿を決めるにあたって、どの程度役に立つ("ちょっと入ってみて部屋を見てみよう"という気になる)のだろうか?

?

また、ゲストハウス側から見た場合、こうした日本語表示は実際の宿泊客の獲得にどの程度貢献しているのであろうか?


マーケティングを生業のひとつとしているものからすると、その辺の効果検証とかをやったらすごく面白いと思うのだが......。

Category

Archive

Archiveopen