2016/03/30

3カ月ほどかけて物件を見て回り、最終的に1軒の戸建て住宅に決めて契約を済ませた。


ほとんどの貸し家がそうであるが、家具や冷蔵庫、テレビなどの主要な家電製品は大家さんが用意してくれているので、その気になれば寝具さえあればその日から寝泊りすることはできる。


が、それまで住んでいた家は友人一家が引き続き借りるのですぐに出ていく必要もないし、妻がチェンマイに来るまでにもまだ時間があるので、ノンビリと新居の環境を整えていくことにした。


まずは、家の中をざっと見回して必要な物品やサービスをリストアップするとともに、今保有しているものと突き合わせて買うもの&やることリストを作成だ。


で、その中から真っ先にやることにしたのが、新居の合鍵作りである。


契約時に大家さんから玄関と各部屋のキーをもらったのだが1セットだけだったので、妻の分、そして不在時に家の管理をしてくれる友人に預ける分と2セットのスペアが必要だ。


チェンマイでは、スーパーマーケットやタラート(市場)の中など結構あちらこちらにスペアキーを作ってくれる店があるのだが、どこも簡易な出店(でみせ)のような造りで、技術的にどうなのかと不安になってしまう。


なので、もっとしっかりした店はないかと、家を探し始めてから車やバイクで道を走っている時に注意して通り沿いを見ていたのだが...







チェンマイ-ラムプーン通り沿いにかなり大きな店を見つけたのだった

チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(1)


チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(2)




店の通りに面した部分はキー関係グッズでいっぱいだ

チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(3)




店内も天井近くまで商品で埋め尽くされている

チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(4)


チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(5)


チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(6)


チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(7)




どこから仕入れるのであろうか、中古の金庫も売っている

チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(8)




店主と思われる人にスペアキーを作りたいと伝えると、自分が持参したカギを見て「だいたい30分か40分くらいでできるよ。店の中で待つ?それとも後で取りに来る?」と聞いてきた。


またわざわざカギを取りに来るのも面倒くさいし、どんな風にカギを作るのか少し興味もあったので、店の中で待つ旨を伝えると、店の人は鍵を持って奥に引っ込んでしまった。




「立ち入り禁止」と書かれた紙がいくつも貼ってあり、この奥でスペアキーを製作するようだ

チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップ(9)




時々店内に響き渡る金属音を聞きながらスペアキーが出来上がるのを待っていたのだが、あまりに退屈なので、すぐ隣にあるカフェに行ってアイスカフェラテを飲んだりして何とか時間をつぶしたのだった。




出来上がって来たスペアキー

チェンマイ市内にある合鍵(スペアキー)ショップで作った合鍵(スペアキー)




「問題ないと思うけど、実際に使ってみてもしダメなようなら持って来てくれれば作り直すよ」と言ってできたスペアキーを渡してくれたが、もちろん普通に使えた。


店の奥で見えないように製作したり、問題がある場合には作り直すと伝えてくれるなど、かなりしっかりした店であることがわかったのだった。



残念なのは、じゃあまた来ようというほど頻繁にスペアキーを作る機会がないことかな(笑)





この店ではほかに門扉用の南京錠などを購入しました



Category

Recent Comment

Recent Commentopen

Archive

Archiveopen