2016/04/16

これまで住んでいた家とは異なり新しく引越した一軒家は玄関がそれほど広くはなく、また屋根もそれほど大きくないので靴を出しっぱなしにしておくと雨が降った時に濡れてしまう心配があった。


そこで、シューズボックスを買っておくことにした。


生活用品を買い出しに大型スーパーマーケットのビッグCハーンドーン店に行った時についでに家具売り場を見てみると、ちょうどよいものがあったので早速購入して自宅に持ち帰った。







買ったのは段ボール箱に入った組み立て式だ

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(1)




箱を開けると日本と同様、部材とネジなどの部品が出てきた

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(2)


チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(3)




組み立て説明書もついている

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(4)


チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(5)


チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(6)




もちろんすべてタイ語で書かれているが、番号で照合できるようになっているしこの程度の商品だったら、仮にタイ語ができなくても問題ないだろう。


イケアなんかで売られている商品についている組み立て説明書とか、最近は言葉が一切かかれてなかったりするしね。




早速、説明書を見ながら組み立て始める

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(7)




ネジで側板を留めていったのだが...

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(8)




ネジの頭がキッチリと側板の中に入って行かない。


日本で売っているものだと、ネジを締めこんでいく穴の入口が少し大きく削られていて、ネジの頭が側板のツラよりも深く入るようになっていることが多い。


さらには、ネジを隠すための板と同色のシールがついていたりするのだが、さすがにそこまでのクオリティーはタイでは求めることはできない。




側板を組み立て、徐々にシューズボックスの形ができていく

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(9)




扉と内部の棚板をつけたら完成だ

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(10)


チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(11)




しかし、なぜかネジが2個余ってしまった(笑)

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(12)




できあがったシューズボックスを何度見てもつけ忘れている個所は見当たらないので、おそらくもともと余分に入っていたのだろう。


しかし、もっと大きな問題は実際に靴を中に入れた時に判明したのだった。




靴が縦に入れられない!

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(13)


チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(14)




入るには入るのだが、扉が閉まらない。


子供靴用だったのだろうか?


店頭に置いてあった商品の説明にも外箱にも一切そんなただし書きはなかったのだが。




結局、靴を横に入れるしかなかった

チェンマイで購入した組み立て式のシューズボックス(15)




これでも、微妙に靴の端が棚板からはみ出してしまうのだが、扉がしまらないよりはマシだ。


まさに「アメイジング・タイランド」という感じのシューズボックスである。



でも、こんなことで驚いたり怒ったりしていたら、この国ではやっていけないよ(笑)





タイから日本国内限定のサービス(動画やラジオなど)を利用したい方



Category