2016/05/14

日本にいるお友達から「チェンマイでは普段何を食べているの?」と聞かれることがよくある。


ツイッターやフェイスブックなどのSNSではわりと頻繁に食事の写真や内容をアップしているので、そこでつながっているお友達ならおよそのところはわかっていただけていると思う。


が、SNSをやっていない方も大勢いらっしゃるし、書き込みはどんどん流れてしまうのでSNSにアップしても目にしていらっしゃらない(できない)方も多いようだ。


今回、日本に一時帰国していろいろなお友達と会食したら、改めて色々な方から「ブログにアップしてよ」というリクエストをいただいたので、毎食というわけにはいかないけれども時々載せていきたいと思う。


まあ、それほどバリエーションのある食事をしているわけでもないので、すぐに飽きられてしまうかもしれないが...(^^;



この日の夕食は、自宅近くのタラート(市場)から調達した。


タラート(市場)は、自宅からバイクでサクッと行ける範囲に2カ所ある。


が、ひとつは日中は数軒のおかず屋が店開きしているものの、夕方は売れ残りをビニール袋に詰めて売っている店ばかりで、正直あまり買う気がしない。


もう一ヶ所のタラート(市場)は、昼間は死んだような雰囲気だが、夕方になるとおかず屋が店開きをして多くの客でにぎわっている。


なので、夕食をタラート(市場)で買おうとすれば、行くところは決まってしまう。


このタラート(市場)に来始めた頃は、色々な店で料理を買っていたのだが、やはり自分の好みに合う合わないがあって、だんだんと買う店が固定された。




この日は、まずはソムタム(青パパイヤの東北タイ風サラダ)を購入だ

チェンマイの自宅でとある日に食べた夕食(1)




日によっては、ソムタムにカーオニヨウ(もち米)だけ、ということもあるのだが、この日は他の店にもよっておかずを購入して自宅に戻った。







この日の夕食全景

チェンマイの自宅でとある日に食べた夕食(2)




この日のソムタムは、塩漬けの淡水カニ入りにした

チェンマイの自宅でとある日に食べた夕食(3)




ラープムー(豚肉の唐辛子ハーブ和え)

チェンマイの自宅でとある日に食べた夕食(4)




ソムタムもラープも、もともとはイサーン(東北タイ)料理のようだが、同じカーオニヨウ(もち米)を主食とする文化圏ということだからか、チェンマイでもほとんど地元料理のように頻繁に食されている。




ナムプリック・オーン(トマトと挽き肉のチェンマイ風唐辛子味噌)

チェンマイの自宅でとある日に食べた夕食(5)




ナムプリックには実にさまざまな種類があるのだが、これはミートソースのような風味で日本人にも比較的食べやすい、と紹介されていることが多い。


が、実際にこちらで食べ比べてみると店によってかなり味に特徴があり、中には非常に辛い場合もあったりする。




主食はカーオニヨウ(もち米)だ

チェンマイの自宅でとある日に食べた夕食(1)




実は、カーオニヨウ(もち米)はタラート(市場)で買ったのではない。



自宅のすぐ近くに米屋があり、そこが副業(?)で炊いたご飯を売っていて、さすが米屋というか実においしいので通常はそこで買うようにしている。



しかし、これだけの量はとてもひとりでは食べきれないので、半分近くは捨ててしまうことになる。


チェンマイに住み始めた頃は、食べ物を容赦なく捨てるのにかなり抵抗があったのだが、最近ようやく躊躇がなくなった。


食べ物に対する感情がタイ(チェンマイ)化したということだろうか(笑)








Category

Archive

Archiveopen