2016/09/03

チェンマイの自宅は、南西側が正面となっている。


北東側には3,000坪はあろうかというテニスコートつきの超豪邸が建っていて、自宅近くには高さ20m以上はあろうかという大木が何本もあり昼過ぎくらいまで影を作ってくれている。


が、午後になって太陽が西に向かい始めると、自宅のエントランスから玄関、ガレージにかけては直射日光が当たる時間帯が出て来る。


西側にはこれまた大木の茂った家があって、ずっとガンガン日が当たっているわけではないのだが南国タイの陽射しはやはり強烈だ。


開きのガラス扉玄関や窓にはカーテンがついているので、それを閉めてしまえば直射日光は防ぐことができるし、自動車は屋根つきのガレージに駐車しているので大きな問題はないのだが、バイクだけは逃げる場所がない。


あまり自分は気にしていなかったのだが、家にやって来たタイ人の友人たちがみんな揃いも揃って「バイクに直射日光が当たり続けるのはよくない」と言う。


しかし言い分は色々で、「太陽で燃料タンクが熱くなるのは危ない」という人もいれば「シートに直射日光が当たり続けるとそのうちボロボロになるよ」という人もいる。


本当のところはよくわからないのだが、いずれにしてもバイクを陽射しから守るようなものを用意したほうがいいようだ。


自分はもっぱら身近な足としてどバイクを使っているだけでパーツやらグッズやらにはまるっきり関心がないため、とりあえずインターネットでカバーのようなものがあるか検索してみたところ、山のように商品が出てきたのだった。


ちょうど一時帰国のタイミングとも重なったので、チェンマイでは買わず(売っているのかすらわからない)日本に戻った時にネットショッピングで注文してチェンマイに持って帰って来た。




チェンマイを旅する・チェンマイで暮らすための専門情報サイト

チェンマイ専門の情報サイト「サワディーチャオ チェンマイ」






今回購入したバイクカバーのパッケージ

日本に一時帰国した時に購入したバイク用カバー(1)




直射日光からバイクを守る、とは書かれていないが、銀色なので光を弾く機能はきっとあるだろう。




盗難防止用のチェーンを通す穴もある

日本に一時帰国した時に購入したバイク用カバー(2)




おそらく集合住宅のガレージとかに止めたバイクにかけることを想定しているのだろう。


自宅の門扉は夜は錠前をかけてロックしているし、自宅以外でこのカバーを使うことは考えていないので、自分にとっては無用の長物だ。


空港から飛行機で2-3泊とか旅行に行く時に使うことも一瞬頭をよぎったのだが、チェンマイ空港の駐輪場でこのようなカバーをつけて止めているバイクを見たことがないので、かえって危ないような気もするぞ(笑)




早速バイクにかぶせてみる

日本に一時帰国した時に購入したバイク用カバー(3)


日本に一時帰国した時に購入したバイク用カバー(4)




おおまかなバイクのサイズは測っておいて注文したのだが、余裕を見過ぎたのかちょっと大きかった。


まあ、小さすぎるよりはいいだろう。




ミラー部分はキチンとそれ用の形態に作ってある

日本に一時帰国した時に購入したバイク用カバー(5)




かぶせた後で車体の下を回して止めるベルトもついている

日本に一時帰国した時に購入したバイク用カバー(6)


日本に一時帰国した時に購入したバイク用カバー(7)




自分はバイクカバーにどのような機能がついていれば便利か、とかまったく考えずに日光をよけることばかり考えていたのだが、風が吹いてカバーが飛ばされたりすることがないので、これは重要だということに買ってから気がついたのだった。


ともあれ、これでみんなが指摘するようにバイクに直射日光がガンガン当たる、という事態は防ぐことができるようになったのだが、問題がひとつあった。


当たり前なのだが、外出でバイクに乗って自宅に戻って来た直後のバイクのマフラーとかは非常な高温になっており、それが冷えるまではカバーをかけることができないのだ。


商品が自宅に届いて封を切った時にも、「乗った直後のバイクにかけるな」と大きな注意書きの紙が入っていて、おそらくかけてしまうとカバーの繊維が高熱で溶けてしまうのだろう。


なので、十分冷えてからカバーをしようと思ってバイクを裸のまま止めておいて家の中に入ってしまうと、結局カバーをかけ忘れてしまことがたびたびなのだ。


それじゃあ、カバーを買った意味がないだろう、と思ってすっぽりかぶせないようにしてシートの上にカバーを置いておいたりしても、今度は風で飛ばされて下に落ちていたりとなかなかうまくいかない。


こういうカバーを使っているライダーの人は、そのところはどうしているのだろうか???








★応援のワンクリックをお願いします!★

タイ・ブログランキング




Category

Recent Comment

Recent Commentopen

Archive

Archiveopen