2017/01/24

板橋のホテルを拠点とした台北(といっても市内はほとんど行かなかったが)と近郊の街の観光も無事に終了し、妻は早朝のEVA航空の便で東京へと戻っていった。


自分は、台北でフレンチのシェフをしている従弟と久しぶりに会おうということで、翌日の早朝便でバンコク経由チェンマイに戻ることにして、この日は台湾にもう1泊することにした。


同じホテルに延泊するのも能がないし、台北に泊まると早朝便なのでタクシーを使わなければならずその費用がもったいないということで、空港のある桃園の街に泊まることにした。


タイ国内のホテル予約でいつも使っているAGODAで桃園のホテルを調べると、空港までの送りサービスのついた手ごろな値段のホテルが見つかり、日本人利用客も多いようなのでブッキングしてホテルに向かう。


桃園は非常にこじんまりとした街で、台鐡(台湾国鉄)桃園駅の前に新光三越がある程度で、あとはそれほど大きな建物は見あたらない。


駅からまっすぐ7-8分歩いたところに、予約した大爵商務飯店(マジェスティホテル)はあった。


このあたりは、建物が道路に面してすき間なくびっしり建ち並んでいるため、最初はホテルに気がつかず通り越してしまい、100mほど行き過ぎてから「あれっ?」と思い引き返してようやく入口を見つけた。


フロントはこじんまりとしているが、係員は日本語がペラペラで、翌朝の空港行きの車の希望時間などを確認すると、キーを渡してくれた。


このホテルの客室は3グレードに区分されているが、今回は一番上のデラックス・スイートに宿泊した。




このホテルのクチコミを見る


料金&空室確認、予約はこちら!





客室全景

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(1)




1人で寝るにはもったいないくらいの大きなダブルベッド

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(2)




客室内の設備はごくごく普通のホテルだ

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(3)


台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(4)




テーブルの上にある飲料水はもちろん、バナナやお菓子がすべて無料サービス

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(5)


台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(6)




置かれていたコーヒーを早速飲もうと思ったのだが、近くにカップも電気ケトルも見あたらない。




部屋を見回してみたら、部屋の壁に給湯器(?)が埋め込まれていた

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(7)


台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(8)




バスルームも広々としている

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(9)


台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(10)




アメニティも歯ブラシを含め必要十分なものが揃っている

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(11)


台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(12)




さらに、バスルームの隣には何とサウナルームまである

台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(13)


台湾の桃園国際空港近くにあるホテル、大爵商務飯店(マジェスティホテル)の客室(14)




中は非常にきれいで特に使用するのに問題はなさそうだったが、ここでひとりでサウナだけ入っても楽しくなさそうなので、自分は使わなかった。


部屋はまったく問題はなかったのだが、大きなデメリットがあった。


窓がないのである。


正確には、バスルームに小さなガラス窓がついてはいるのだが、その30cm先は隣の建物の壁になっていて、まったく窓としての役目ははたしていないのだ。


窓のない部屋だと、どうもラブホテルにでもいるような気分になってきて、自分はくつろぐことができない。


フロントに戻って部屋を換えてもらおうかとも思ったのだが、どうせこの後従弟と会うために出かけてしまうし、翌日は朝5時にホテルをチェックアウトするので面倒くさくなってそのまま使うことにした。


この後、駅前の新光三越まで行き、チェンマイにはない丸亀製麺でうどんを食べて、喫茶店で時間をつぶしたりしてなるべく部屋にはいないようにして、夜は従弟と会食で部屋に戻ったのは夜の9時過ぎ。


風呂に入るとあっという間に眠ってしまい、よく朝4時半に起床して5時にホテルを出発、黒塗りのピカピカの高級セダンで空港まで送ってもらい、バンコク経由チェンマイへと帰国の途についたのだった。


今回はプロモーションで安かったのでデラックス・スイートに宿泊したが、もしまた泊まるならどうせ乗り継ぎ用だし、スーペリアとかでもぜんぜんいいかも。






このホテルのクチコミを見る


料金&空室確認、予約はこちら!





★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

タイ・ブログランキング    にほんブログ村 旅行ブログへ





Category