2017/04/19

バンコクにサクッと小旅行に行ってきた。


バンコクに行く時は、だいたいお友達に会って日本食を楽しむのがメインで、小旅行といっても観光とかをするわけではないのだが、今回は久しぶりに少し街歩きをしてみることにした。


いつもの通り、タイ国際航空TG105便でバンコクへ。


この便は10時半すぎの出発なのだが、たいていディレイしてバンコクに着くのは12時から12時半の間くらいになる。


空港からはエアポートリンク(空港鉄道)でパヤタイへ、そこからBTS(スカイトレイン)に乗り換えていつも宿を取るスクムビット方面に向かうのだが、プルンチット、あるいはトンロー、エカマイあたりで下車して適当な店に寄って日本食のランチを取る。


そうするとだいたい14時を過ぎて、ホテルのチェックイン開始時間になっているので、自分にとっては実に都合のいい便なのだ。


今回の泊りは、市内やや東部にある「ジャスミン・リゾートホテル」。


自分にとっては少しぜいたくな値段になるので、いつもはバンコク経由でどこかに旅行に行く時の乗継用ホテルとして1泊するだけなのだが、今回はAGODAでプロモーション料金が出ていたので予約した。



このホテルの最大のメリットは、何と言ってもアクセスのよさにある。


BTSのプラカノン駅改札を出て、エカマイ方向出口の階段を下りて地上に出たら10mも進めばホテルのエントランスだ。


自分がいつも泊まるのは、一番ポピュラーな、というよりはスイートを除けばこのクラスしかないことの多いデラックス・ルームというカテゴリ。


サービス・アパートメントの造りなので、部屋に入ってすぐ左手にはキッチンがあり、流し台のほかIH調理器が設置されている。食器やスプーン、フォークなどのカトラリー、包丁、まな板、鍋まですべて揃っているので、材料さえ購入すればすぐに自炊が可能な環境だ。


ホテルを背にして左隣は日系コンビニのマックスバリュになっていて、日本式の弁当があったりして部屋で食べられるだけでなく、インスタントを中心とした日本食も多数売られており中には値下げしたセール品があったりするので、自分はそれらを買い出してチェンマイに持って帰ることも多い。


しかし、自分がこのホテルに泊まる最大の理由はバスルームだ。


タイの普通のホテルと異なり、シャワーがバスタブを出たところについているので、イスさえあれば(実際はないけど)日本のバスルームと同じようにバスタブから出て髪の毛や身体を洗ったりシャワーを浴びることができるようになっているのだ。


チェンマイの自宅にはないバスタブにつかかれるのはもちろんだが、その後で周囲にお湯が飛び跳ねることを気にせずにバシャバシャとシャワーを使うことができるというのは意外に気持ちのよいものである。


そして、そういう構造なのでトイレは独立式、洗面台もバスルームの外にあるのだが、外出から戻って手を洗ったり歯をみがいたり(ちなみに、このホテルは歯ブラシが用意されている)するのもバスルームに入る必要がないのが意外によいと思う。


朝食もバリエーションが豊富で、必ず日本食も2-3種類用意されているのがうれしい。


今回は3泊したのだが、やはり快適に滞在できたのだった(^^)




自分が予約したサイトAGODAで詳しい情報を見る


最低価格保証のエクスペディアで空室・料金を調べる




バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(1)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(2)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(3)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(4)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(5)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(6)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(7)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(8)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(9)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(10)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(11)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(12)


バンコク市内にあるジャスミンリゾートホテルの客室(13)






自分が予約したサイトAGODAで詳しい情報を見る


最低価格保証のエクスペディアで空室・料金を調べる




★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

タイ・ブログランキング    にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ





Category