2017/11/29

現在、2週間ちょっとの予定で日本に一時帰国中だ(なのでブログ更新が滞っています(汗))。


通常、自分がチェンマイから一時帰国するための航空券は、


(1)検索比較サイトのスカイスキャナーで、出ているキャリアと価格をチェックして候補を抽出

(2)候補の航空会社の公式サイトで、価格とともに運行機材をチェックして2-3社に絞り込み

(3)市内の旅行会社でその2-3社の価格をチェック


というプロセスを経て、最終的にどのキャリアをどこで購入するか決めている。


近年は、一般的に航空会社の公式サイトが一番価格が安いと思われているようだが、この手順で実際にリサーチをしてみるとそうでないことも多い。


特に、旅行会社に対しては航空会社が特別にプロモーション・チケットを出している(たぶん、価格をオープンにしたくないため)ことがあり、ちょっとリサーチというつもりで店頭に行ったにもかかわらず、驚くようなお得なオファーをされてその場で購入を決めてしまったことが何回もある。


また、為替レートの関係だろう、ウェブサイトで提示される航空運賃が日々刻刻と変化していくのでタイミングも重要かもしれない。


で、今回は、バンコク・東京成田間はTG(タイ国際航空)を利用した。


ただし、今回TG(タイ国際航空)を利用したのは、チェンマイに遊びに来ていて一緒に日本に戻ることになった義兄がTGを使っていたので、それに合わせたのだが......。


このところ、VN(ベトナム航空)やCI(中華航空)などの乗り継ぎが必要なキャリアを利用していたので、日本との往復にTG(タイ国際航空)を利用するのは3年ぶりくらいだろうか。


チェンマイ空港の国際線ターミナルでチェックインを済ませ、バンコクから東京までの搭乗券も受け取ってエスカレーターで2階に上がってイミグレ、手荷物検査を受けて制限エリアに入りラウンジへと向かった。


この日はチェックインカウンターから手荷物検査まで、すべての場所がまったく人がおらずあっという間に済んでしまい、ボーディングまで1時間半近くあったのだが、こういう時にラウンジが使えるのは助かる。


チェンマイ空港の国際線ターミナルのTG(タイ国際航空)のラウンジは飲食物もそこそこ揃っており利用客も少ないので、落ち着いた滞在ができる。


何より、ウエイティング・スペースで騒々しい、というかけたたましいくらいの話し声をあげる某国人を見ないだけでもストレスがぜんぜん少ない(笑)


この日はバンコクからの到着便が機材トラブルで搭乗が30分ほど遅れたのだが、コーヒー(機内で出されるものよりはるかにまとも)を飲みながら置いてあった読売新聞を見ていたらそんなこともまったく気にならなかった。




チェンマイを旅する・チェンマイで暮らすための専門情報サイト

チェンマイ専門の情報サイト「サワディーチャオ チェンマイ」






ラウンジ概観

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(1)


チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(2)




飲食物コーナー概観

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(3)




アルコールとジュースのコーナー

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(4)




点心のホットケース

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(5)




スナック菓子とカップ麺のコーナー

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(6)




コーヒーと紅茶のコーナー

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(7)




フルーツとケーキ類のコーナー

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(8)




サンドイッチ類のコーナー

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(9)




読売新聞も置いてある

チェンマイ空港のTG(タイ国際航空)ビジネスクラスラウンジ(10)









★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

タイ・ブログランキング    にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ





Category

Recent Comment

Recent Commentopen

Archive

Archiveopen