2018/03/25

昨日、2018年3月24日は、タイヤイ(シャン族)のお祭り「ポーイサーンローン」があった。


これは、タイヤイ(シャン族)では息子が5歳、7歳、10歳のいずれかの年齢に達すると出家(形式的な?)をする習慣があり、出家する子供のいる家が寺院に集まって集団で得度式を行うというものだ。


昨年は、知り合いの息子が出家するということで招待状をいただき昼間行って儀式に参加した(その時の様子はこちら)のだが、今年はそういうお誘いもなく夕食を兼ねて見物に行ってみることにした。


「ポーイサーンローン」行われるのは、たいていのガイドブックでも紹介されている、チェンマイ市内ではワット・パーパオと並ぶ有名なタイヤイ(シャン族)寺院のワット・クータオだ。


寺院の隣は市営競技場があり、そちらにバイクを止めて寺院に向かう。


スタジアムの周りはジョギングコースになっており、陽が落ちてくると大勢の人が走ったり歩いたりしているのであるが、その道沿いに屋台がいっぱい出ていた。




チェンマイを旅する・チェンマイで暮らすための専門情報サイト

チェンマイ専門の情報サイト「サワディーチャオ チェンマイ」




走ってる人もいっぱいいて、迷惑だろうなあ(笑)

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(1)




バイクを適当な場所に止めて、お寺へと向かう

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(2)




このお寺の象徴であるお団子型のチェディ(仏塔)

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(3)




ポーイサーンローンを行う子供のいるブースを見て回る

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(4)


チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(5)







ブース前では太鼓や銅鑼の演奏が行われる(一番下は動画)

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(6)


チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(7)





やっぱり、こういうイベントは実際に参加しないと面白くない。


なので、すぐにそちらは離脱して夕食を食べに売店が集まっているエリアに向かった。




タイヤイ(シャン族)の民族衣装やミャンマー語のTシャツを売っている店

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(9)


チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(10)




一度買って着てみたいのだが、普通のタイ人の友人とかからはたぶん「やめてくれ」と言われるだろうなあ......




なので、今回も買わずに食べ物屋が並んでいる一角へ進んだ

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(8)




自分にとって、タイヤイ(シャン族)料理と言えばカーオフン・ウンだ

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(12)




これは、センレク(米細麺)の上から大豆(?)で作ったドロッとしたペースト状のものをかけ回し、ハーブや調味料をトッピングしたものだ。


ミャンマー国境のメーサーイに行くとたくさん売っているのだが、チェンマイでは普段はナイトバザール近くの金曜雲南(少数民族)朝市で食べることができる。


これだけではお腹がいっぱいにならなかったので、別の店をはしごすることにした。




次に食べたのは、ミールアム

チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(13)


チェンマイ市内の寺院で行われたタイヤイ(シャン族)の得度式の様子(14)




タレをからめた中華麺の上に揚げた麺と焼き豚をトッピングしたもので、タイヤイ(シャン族)式まぜそばとでも言ったらいいだろうか。


辛くなくあっさりしていて、普通の日本人にも食べやすいと思う。


お腹もいっぱいになり、今年のポーイサーンローンは終了。


来年は、どこか知り合いの子供が出家してくれるとうれしいのだが......などと勝手なことを思いながら、バイクに乗ってまだ暑さが残る空気を顔に受けながら自宅へと戻ったのだった。









★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

  にほんブログ村 海外生活ブログへ  





Category

Recent Comment

Recent Commentopen

Archive

Archiveopen