2018/04/21

ピチット観光も無事に終えて、ピサヌロークのホテルに戻る。


シャワーを浴びてさっぱりした後でホテル併設のアマゾンカフェでドリンクを買い、一息ついていたらあっという間に夕食の時間になっていた。


前夜はホテルから歩いてすぐのところにある川沿いのレストランで食べたので、この日は街の南のはずれで開催されている歩行者天国で軽くつまみ食い程度で済ませようか、ということでカミさんと意見が一致して、ホテルからブラブラ歩き出した。


15分くらいで会場である通りとの交差点に到着したのだが......やってない!


もしかしたら、開催される曜日とかが決まっているのかもしれない。


しかたがないのでどこかほかの場所に行くしかないのだが、周囲にはまともに食事をとれるような店が見えないので、歩行者天国が行われていたはずの道を600-700m歩いてピン川沿いへと出た。


川沿いには、何軒かのレストランがあることを知っていたからだ。


もうじっくり探すのも面倒くさいので、いる場所から一番近い店に入ることにする。




レストランは通りからはこんな風に見える

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの概観(1)




ナーン川に浮かぶ、いかだレストランだ。


名前は「ペー・ナムナーン」という。


「ペー」はいかだ、「(メー)ナムナーン」はナーン川という意味で、まさに「ナーン川に浮かぶいかだ」というレストラン名だ。


すごいベタだけど(笑)







道路からは、急な階段を降りていかなくてはならない

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの概観(2)




店は、いくつかの小さないかだをつなぎ合わせている

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの概観(3)




ここまで降りてきて気がついたのだが、この店は2年前にスコータイ旅行に来てピサヌロークに泊まった時に夕食を食べたレストランの隣だった。





■最新版、出ました!■




内部は団体客が入ってもだいじょうぶなくらい広い

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの店内(1)




この日はガラガラなので、川沿いの席に座った

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの店内(2)


タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの店内(3)




対岸にも同じようなレストランがあるが、やっぱり客は少なそうだった。


こういうレストランももちろんいいのだが、困るのは夫婦2人くらいだと食べられるものが量的に限られてしまうことだ。


せいぜいおかずを2-3品にご飯程度になってしまう。


魚料理など頼んでしまったらそれだけでお腹いっぱいになっちゃうし、ビールを飲んだら特に自分はすぐにお腹がタポタポになって何も食べられないので、こういう店でも普段は水しか飲まない。


この日も店員と相談しながら頼み過ぎないように慎重に(?)料理を選んだ。




頼んだ料理全景

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの料理(1)




自分もカミさんも好きなヤム・タクライ(レモングラスのサラダ)

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの料理(2)




シークロンムー・カタローン(豚スペアリブの鉄板焼き)

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの料理(3)




トムヤム・プラーメーナム(ナーン川(たぶん)で捕れた魚のトムヤムスープ)

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの料理(4)




カーオスエイ(ご飯)

タイ、ピサヌロークのナーン川に浮かぶいかだレストラン、ペーナムナーンの料理(5)




食事を終えてカミさんとノンビリ話をしていたら、今日行ったピチットが少し物足りなかったので明日まっすぐチェンマイに帰る予定を変更して、もう1泊どこかに立ち寄ろうかということになった。


ホテルに戻って、早速作戦会議だっ(^^)









★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ





Category

Recent Comment

Recent Commentopen

Archive

Archiveopen