2018/05/14

チェンマイを出てバンコクの定宿で1泊した後、カトマンズに向かう。


カトマンズに向かうタイ国際航空TG319便は、自分が住んでいた30年前と便名も出発時間もまったく同じだった。


何気にすごいことだと思うのだが......


スワンナプーム空港でチェックイン手続きを済ませ、セキュリティーチェック、イミグレと通過した後は、搭乗ゲートの近くにあるラウンジへと向かう。


今回のフライトはエコノミークラスの利用だが、スワンナプーム空港には PriorityPass  (プライオリティパス)というものを持っている人なら誰でも使えるラウンジが各コンコースごとに、全部で11か所もある。




バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(1)




ちなみに、ベトナム航空など自社のラウンジを所有していない航空会社でも、ビジネスクラス搭乗者だとこちらのラウンジを案内される。


旅行者の間ではもうすっかり有名なプライオリティパスなのでここではあえて詳細に説明はしないが、プライオリティパスにお金を払って直接会員になってもいいし(一番ベーシックなスタンダード会員で年会費99USD(現在10%割引キャンペーン中)。さらにラウンジを1回利用するごとに28USD。同伴者も同額で利用可)、楽天プレミアムカードを作れば本人利用料無料、同伴者28USDで利用可能な年会費399USDのプレステージ会員に無料でなることができる。


自分が以前メインで利用していたアメックス(アメリカンエキスプレス)のゴールドカードを持っていてもスタンダート会員のカードを無料で作ることができるけど、アメックス(アメリカンエキスプレス)はとても不誠実な会社(カード)なので、絶対にやめたほうがいい。


一見、楽天プレミアムカード会員になればずっと得だし、多くの旅行節約術のようなテーマを扱ったサイトやブログでもそう書かれているが、中にはもうクレジットカードはこれ以上ほしくない(楽天プレミアムカードは年会費が10,800JPYかかる)という人だっているだろうし、楽天カードのついた楽天銀行のキャッシュカードを持っている人はそちらを解約して(キャッシュカード機能だけにして)新たに単独の楽天カードに申し込まなければならなかったりして、意外に面倒くさい。


自分のように海外に住んでいるとそういう手続きはなおさらで、どちらがいいのかはその人の事情によるので一概には言えないと思う。


ちなみに、チェンマイ空港にもプライオリティパスで入れるラウンジは国際線ターミナルのみにあるが、はっきり言ってTGのラウンジよりも設備も飲食物もずっといいよ。


渋滞を避けるために朝6時過ぎにホテルを出て何も食べていなかったので、まだ早い時間で人の少ないラウンジでノンビリくつろぎつつ朝食を取ってから搭乗ゲートへと向かったのだった。




バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(2)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(3)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(4)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(5)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(6)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(7)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(8)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(9)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(10)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(11)


バンコク スワンナプーム空港のミラクルファーストクラスラウンジ(12)






★プライオリティパスだけを手に入れたい方はこちら★




★楽天プレミアムカードを作ってプライオリティパスがほしい方はこちら★





★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★



アジアランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





Category

Recent Comment

Recent Commentopen

Archive

Archiveopen