2018/05/01

前日の夜、ピサヌロークで夕食を取っている時に急きょ立ち寄ることを決めたビルマ(ミャンマー)国境の街、メーソート。


ホテル選びにもそれほど時間をかけることができなかったが、その中でカミさんと2人でお互いスマホで色々調べながら「ここがよさげだねー」と意見が一致して予約したのが、「J2ホテル」というところ。







メーソートの街は国境から7kmほど離れていて、メーサーイのように雑然として落ち着かない雰囲気ではなく、かなりノンビリとしたタイ北部のどこにでもある田舎町という印象を受けるが、このホテルはその街の東寄りに位置している。




道路に面した広い駐車場の奥の水色の4階建ての建物がホテルだ

タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の外観




全45室の客室は2階より上にある。


階段を昇るって大きな木の扉を開けると、室内はそこそこの広さがある。


まだホテルができてからそれほど年月がたっていないのか全体的に非常にきれいだ。


ベッドにはスローがかけられ、デスクにはドライヤー、コップ、綿棒とシャワーキャップが置かれている。




自分が予約したサイトAGODAで詳しい情報を見る


日本円払いなら最安値のことが多いエクスペディアで空室・料金を調べる




タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の客室(1)


タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の客室(2)


タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の客室(3)


タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の客室(4)




唯一の欠点は窓が少し小さいことで、しかもバスルーム入口の先にあって陽が部屋の奥までささないので、ベッドに寝ていたりすると薄暗く感じるかもしれない。


自分たちが泊まった部屋は西側だったので、暗くて困ったというようなことはまったくなかったのだが......。




タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の客室(5)




客室の一番奥にバスルームがある。


値段から言ってもバスタブはついているはずもないが、トイレとシャワースペースは完全にセパレートされておりトイレがびしょびしょになる心配はない。


シャワーは湯沸し器がついていて、やはり広々していて清潔なので気持ちがよい。


シャンプーとボディーソープしか置かれていないので、コンディショナーなどが必要な人は持参する必要がある。




タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の客室(6)




朝食は、1階にあるレストランでとる。


ロビーの奥の廊下の先にガラス扉があり、その奥にテーブルが7?8卓並んでいるが、さらにその奥に小さな中庭のようなオープンスペースがあり、そこにも赤を基調にしたイスやテーブルクロスでまとめられた席が5つほど用意されている。


街なかなのですぐ隣には家か何かがあるのだろう、塀は3mほどの高さのある生垣になっていてそれほど開放感があるわけではないが、緑色で空も広く気持ちよく食事をすることができるので天気がよければこちらに座るのをお勧めする。




タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の朝食(1)




料理のバリエーションは、このクラスのホテルとしてはかなり豊富だ。


実はチェックインの時にたまたまロビーに置いてあったターク県の経済誌のようなものを手に取ったところ、このホテルのオーナー一族の方と思われる女性のインタビューが掲載されており、そこには「ターク県のホテルはどこも朝食が貧弱なので、このJ2ホテルでは特に力を入れることにしました」と書かれていた。


県庁所在地でもない地方小都市の中級ホテルなので、それを読んでもまったく期待していなかったのだが、洋食が食パン2種類、目玉焼きにハムとソーセージ、具材の種類が豊富なサラダがあったほか、タイ料理がご飯にカレーや炒め物が3種類と十分な品数で特にタイ料理は味もよかった。


コーヒーもネスカフェ(インスタント)ではなくちゃんと淹れたものが用意されていたのも好感が持てた。




タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の朝食(2)


タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の朝食(3)


タイ北部の街、メーソートにある中級ホテル「J2ホテル」の朝食(4)




街の東のはずれと言ってよいようなロケーションなので、ホテルの前は夜になると人通りも少なくなるが、夕方は大変にぎわうタラート(市場)まで徒歩1分なので、食器があればおかずをそこで買って来て部屋で食べてもよし、食堂が10軒ほど並ぶ小さなナイトバザールまでも7-8分、コンビニも2-3分と、不便に感じるようなことはない。


メーサーイもそうなのだが、国境の街のホテルというのは基本的に国を越えるためにある意味しかたなく1泊する、というようなケースが多い。


そのため、ホテルのほうも一見の客相手と割り切っているのか、値段の割にメンテナンスやサービスがおざなりのところが多く、コストパフォーマンスが悪いことが多いような気がする。


しかし、このJ2ホテルはまだ新しいということもあって客室は非常にきれい、朝食もしっかりしていて2人で泊まって日本円で3,000円くらいということならお得感はかなり高いと思う。


観光地でないため自分が次にメーソートに行くとしたらビルマ(ミャンマー)旅行をするためにチェンマイから来て国境を越える時とかになりそうだが、おそらくまたここに泊まるだろう。


経済的なゲストハウスはちょっと......というような旅行者には特にお勧めできる。






自分が予約したサイトAGODAで詳しい情報を見る


日本円払いなら最安値のことが多いエクスペディアで空室・料金を調べる




★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

  にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ





Category

Archive

Archiveopen