2018/07/23

2年ほど住んでいたネパールの首都、カトマンズを30年ぶりに訪れる旅も後半戦へと突入した。


到着以来お世話になっていたお友達の家に別れを告げ、残りの日程はホテルに泊まることにする。


といっても自分で探すのに特にあてもなく、昔の貧乏旅行のようにいちいち部屋を見てから決めるのも面倒くさいので、また別のお友達に紹介してもらうことに。


お友達が連れて行ってくれたのは、旧市街とその北にあるツーリストが集中するタメルというエリアの中間ほど、ジャタと呼ばれる場所であった。


ジャタは、幹線道路のカンティパトから続くジャタ・トールという道沿いには自分が住んでいた頃から中級ホテルが立ち並んでいたものの、そこから一歩入ると荒地が多かった。


が、今では特にタメルとの間を結ぶ新しい道がいくつもできており、そこに雨後の筍のようにホテルが建設されていて、お友達の話では騒々しくて落ち着かないタメルを嫌ってこちらに宿を取るツーリストが増加しているらしい。




お友達が連れて行ってくれたのは、ホテルが数軒立ち並んでいる一角だった

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の外観





「ホテル・アスター・ネパール」という名前らしい。




アジアNO.1のホテル予約サイトAGODAで詳しい情報を見る




こじんまりとしたフロント

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」のフロント




こちらも周囲のホテル同様できてまだ時間がたっていないようで館内はとてもきれい。


フロントの脇には、チェンマイにもたくさんあるようなカフェが併設されていた。


チヤ(チャイ=ネパール式ミルクティー)ではなくコーヒーがメイン、というところが今どきだね。


知り合いなのだろう、お友達がチェックインその他手続きをすべてやってくれ、キーを受け取って部屋に入る。




客室概観

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の客室概観




なかなかごぎれいな造りだ。




ベッドもタイの安ブティックホテル風

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の客室のベッド




30年前だったら、こういうベッドのシーツや布団に直接寝る気にはとてもなれなかったものだが、きれいに洗濯されていて虫などの心配もまったく不要だった。


もっとも、自分の滞在中は気温が下がって寒く、結局シュラフ(寝袋)も併用していたが(笑)




イスやクローゼット、鏡まである

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の客室の設備


ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の客室のクローゼット




クローゼットは高さが140-150cmほどしかなかったが、一応ハンガーもついていた。




テレビと物置き

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の客室のテレビと物置き




さすがにこの時代なので、テレビもインドの放送を中心に多チャンネル化されていた。




無料の飲料水も置かれていた

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の客室の備品




ただし、飲料水は毎日補充されるのではなく(ルームクリーニングも毎日来るわけではない)初日のみのサービスだったが。




バスルーム概観

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」のバスルーム(1)




シャワーはレインシャワー風のものがついている

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」のバスルーム(2)




給湯はネパールでは標準のソーラーシステムがメインのようで、ほかの多くの客たちが使った後などにはお湯がでないこともあった。


午後の早い時間など、うまく時間をずらしてシャワーを浴びると熱々のお湯が勢いよく出てきて非常に気持ちがよかった。




アメニティは固形石鹸のみ

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」のアメニティー




近所のよろず屋などでシャンプー類や歯みがきなどはすべて購入できるが、品ぞろえも質もタイに比べると大幅に劣るので、持参したほうがいいと思う。




部屋には半畳ほどの小さなテラスがついている

ネパールのカトマンズ中心部にあるおすすめ中級宿「ホテル アスター」の客室からの風景




裏は広い空き地になっていたが、今回宿泊した部屋が下層階だったのでそれほど眺望は開けなかった。


それでも、外の空気を部屋から出ずに感じられるというは、自分的にはかなりうれしかった。



この「ホテル・アスター・ネパール」、1泊2,000JPYほどで自分が宿泊していた時には少人数の日本からのトレッキングツアーでも利用されていたくらいなので、インド・ネパールの安ホテルのスタンダードに慣れていない旅行者でも十分耐えられるレベルだと思う。


ダーバースクエア(旧王宮)へも10分ほど、タメルの繁華街へは5分ほどで歩いてアクセス可能で、しかも中心部にしてはかなり静かなロケーションなので、カトマンズが初めての旅行者にもおすすめできる安ホテルだ。






アジアNO.1のホテル予約サイトAGODAで詳しい情報を見る






★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

   にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ





Category

Archive

Archiveopen