2018/07/08

この日も、昔住んでいた頃のお友達に会うために、カトマンズの街の中心部へ。


自分が住んでいた頃とは異なり、今は携帯やスマホで簡単に連絡が取れるのが本当に便利。


昔なんて、ネパールの持つ国際電話回線が3つしかなくて、日本に電話をかけるのなんてよほど大ゴトがなければできなかった。


この日も、泊り先から市内にブラブラ歩いて向かっている途中で会う予定のお友達から電話があり、待ち合わせ場所に行くのが少し遅れるとのこと。


「それならば」ということで、すぐそばにあるダーバースクエア(旧王宮)を眺めることにした。


以前のブログ記事にも書いたが、現在ダーバースクエア(王宮前広場)に入るには、というか通り抜けるだけでも外国人は10USD近い入場料を払わなくてはならず、これはカトマンズ以外のパタン、バクタプールでもそれぞれ徴収されるとのこと。


今さら旧王宮の中に入って見学する気にもならないので、入場料が取られる広場のすぐ手前のドチェン(フリークストリート)の入口に立つ。







ダーバースクエア(旧王宮)概観

ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(1)




奥の王宮の建物にネットが張られていたり木の足場が組まれているのは地震でダメージを受けたからだ。


2015年4月に発生したカトマンズの西方を震源とする大地震はマグニチュード8前後と推定され、ネパール国内だけで死者8,000人以上、負傷者は14,000人以上に達した。


ネパール国民の30%が被災したとされ、特に地震に対してまったく耐性を持たないレンガ積み、もしくはカトマンズのほんのちょっと郊外でさえ泥と牛や水牛の糞を混ぜて塗った壁というあまりにももろい建物が特に大きな被害を受けた。


今でもこの旧王宮に限らず、市内のあちらこちらに地震で崩壊した建物がそのまま残されていたり、倒れてこないようつっかえ棒がしてあったりする。




ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(2)


ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(3)


ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(4)




ちなみに、この旧王宮の建物はアメリカ、中国、日本の3カ国が修復作業にあたっているのだが、アメリカと中国が広場からよく見える場所にそれぞれの国旗を描いた大きな看板を掲げて自国をアピールするようにしているのに対し、日本だけはこのメインの建物の裏の少し奥まった場所に小さな看板を出しているだけで、よく見ないとわからないくらい。


今の日本の国力の衰えを象徴しているようで悲しかった......




旧王宮の周囲にある寺院や建築もかなりの被害を受けていた

ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(5)


ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(6)




中でも、自分にとって最も衝撃的だったのはこれ

ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(8)




ダーバースクエア(旧王宮)というか、カトマンズの街の象徴と言ってもよいカスタマンダップだ。


12世紀建造と言われるこの建物は1本の木から造られたとされ、日本のガイドブックなどには集会場と書かれていることもあるが、実際にはチベットやインドへの巡礼や両国を行き来する商人などに対して提供された宿の役割を果たしていた。


ちなみにカトマンズという街の名前はこのカスタマンダップが語源であり、またタイの寺院にあるモンドップ(仏堂)もこのカスタマンダップから由来している。




「地震前はこんな建物がありました」という写真看板が立てられている

ネパール、カトマンズの大震災の被害が残る旧王宮付近(7)




写真でわかるかもしれないが、この建物は1階部分が16本の柱のみで壁がなく構造的に頭でっかちだったので、地震の揺れに耐えられなかったのではないだろうか。


昔は、このカスタマンダップに腰かけて、目の前を行き来する人々や牛、ヤギなどの動物を日がな一日眺めたりしていたのだが、もはやそれもかなわなくなってしまった。


お友達の話では、崩壊後に学者たちが調査したところ、当初言われていた12世紀より実際はさらに500-600年前に建てられたことが判明したらしい。


カトマンズは、何しろ街全体が遺跡というか神話に包まれている(そもそもこの盆地自体が大昔は湖で、それは調査で証明されている)ので、そんな話がゴロゴロ出てきてもぜんぜんおかしくないのだ。


この日会ったお友達は、このダーバースクエア(旧王宮)の再建(修復)委員会の委員をしているとのことで、それにまつわるおもしろい話もたくさん聞けたのだが、それはまた別の機会にでも記したいと思う。










★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★


アジアランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





Category

Archive

Archiveopen