2018/09/23

朝の9時9分から始まった、僧侶を呼んでの新築祝いの儀式は食事の時間を入れても2時間ほどであった。


次はパーティーなのだが、招待状には17時からと書かれていてそれまでここでボーッと待っているにはあまりに時間がありすぎる。


自分が車に乗せて連れて来た人達もいったん自宅に戻るというので、自分もそうすることにした。


で、17時からのパーティーに間に合うように再び知り合いたちをピックアップしようとしたのだが、そこはタイ。


迎えに行くとまだぜんぜん準備が整っていない人が続出で、結局お姉さんの家に着いたのは開始から1時間以上遅れた18時すぎであった。


ただ、タイのこういうパーティーのいいところで、開始時間が決まっていても参加者はみんなバラバラにやって来て、飲み食いをしたら適当に帰って行くので、遅れたからといって心配する必要はないし、迎えるほうもぜんぜん気にしないのだ。


近くの空き地に「***の家の新築祝いに来た車の駐車場はここ」と書かれた案内が出ていて、そこに車を停めて家に向かって歩いて行ったのだが......




チェンマイを旅する・チェンマイで暮らすための専門情報サイト

チェンマイ専門の情報サイト「サワディーチャオ チェンマイ」






見て、度肝を抜かれてしまった

チェンマイの新築祝いパーティーの会場




何と、家の前の道路を完全にふさいでステージまで設営している!!


これじゃあ、隣近所の家はパーティーの間は出入りできないし、これだけのステージということはたぶん大音量で音楽が流れるだろう。


ふと見ると、斜め向かいの家の2階から何人かがこのパーティーの様子をノンビリと眺めていた。


近所の人達に、「*月*日は、パーティーをやるよ」とか何らかの形でお知らせはしているのかもしれないが、それにしてもこの道路のふさぎ方は半端ない。


日本にはタイのこのような、セキュリティがあってよそ者は勝手に中に入ることができないムーバーン(新興分譲住宅街)というのはほとんどないので簡単に比較はできないが、それにしてもこんなことを路上でやったら間違いなく警察に通報されるだろう(笑)


タイには「近所迷惑」という言葉は、果たしてあるのだろうか???




道路上だけでなく、家の中にもテーブルが並んでいた

チェンマイの新築祝いパーティーの家の中




ひとつのテーブルに8-10人ほどが座れそうなので、総勢200人ほどの列席者といったところだろうか。


これだけの人数の飲食を、とうぜん素人が回せるわけがない。




家の前の道路脇にはケータリングの車が停まっていた

チェンマイの新築祝いパーティーのケータリング




知り合い同士で固まって座れるように、自分たちの席が空けられていた

チェンマイの新築祝いパーティーのテーブル




先に知り合いが2人座っていたが彼らも今しがた来たということで、我々が席につくとドドドーッと料理が運ばれてきた。




チェンマイの新築祝いパーティーの料理全景




どうやら、儀式の時とは違って、タイヤイ(シャン族)料理ではないようだ。


まあ、親戚とかが多い儀式と違ってパーティーに来る人は普通のタイ人が中心だろうから、当たり前と言えば当たり前だが。




豚の肉や内臓を焼いたもの

チェンマイの新築祝いパーティーで出た肉類焼き物




これは、お酒を飲む人向けのつまみといったところかな。




豚足の醤油煮込み

チェンマイの新築祝いパーティーで出た豚足煮込み




魚の蒸し物

チェンマイの新築祝いパーティーで出た魚の蒸し物




肉野菜炒め

チェンマイの新築祝いパーティーで出た肉野菜炒め




ヤムウンセン(春雨のタイ風サラダ)

チェンマイの新築祝いパーティーで出たヤムウンセン




激辛スープ

チェンマイの新築祝いパーティーで出たスープ




唐辛子の量がすごい......


一瞬、四川料理の水煮魚かと思ったが、トムセープ(東北タイ風唐辛子ハーブスープ)のようなものだった。




魚の揚げ物

チェンマイの新築祝いパーティーで出た揚げ魚




野菜炒め

チェンマイの新築祝いパーティーで出た野菜炒め




もちろん、ご飯も出る

チェンマイの新築祝いパーティーで出たご飯




飲み物はこんな感じ

チェンマイの新築祝いパーティーで出た飲み物




手前の瓶は「ホントーン」という名のタイの安いウイスキーで、右隣にあるソーダ水で割って飲むのが主流だ。


自分は普段アルコールを飲まないので詳しくはわからないが、日本ではウイスキーとは呼べない、何か違う種類の酒だと思う。



飲食も進んで、ほかのテーブルでは酔っ払いも現れ始めた頃、正面のステージで余興が始まった。




スモークとかがたかれ、結構本格的だ

チェンマイの新築祝いパーティーのステージのスモーク




歌手が何人か入れ替わり立ち替わり登場して、歌を披露した

チェンマイの新築祝いパーティーのステージの歌手


チェンマイの新築祝いパーティーのステージの女性歌手




新築祝いのステージだが、歌手の衣装とか歌とかを聴いていると、昔時々行ったカフェー(今チェンマイの至るところにあるコーヒーを出す店ではない)を思い出してしまった。


もう、ああいう遊びは流行らないのか、最近では店そのものを見かけなくなった気がするのだが、まだ健在なのだろうか???




歌手以外に、男性のタロック(お笑い)もあった

チェンマイの新築祝いパーティーのステージのお笑い




出演者におひねり(チップ)を渡すのもカフェーと同じだ

チェンマイの新築祝いパーティーのステージの男性MC




最後は全員が舞台にあがって歌を歌って終了だ

チェンマイの新築祝いパーティーのステージのフィナーレ




余興が終わると、家を建てたお姉さんの旦那さん、それに旦那さんの両親(?)が舞台にあがってお礼のあいさつをしてパーティーはお開きとなった。


時計を見ると、22時近くになっており5時間(自分は最初の1時間はいなかったが)もパーティーが行われていたことになる。


会場の家は郊外だったので、車に乗せて来た知り合いをそれぞれ家まで送り届けて、自宅に戻った時にはもう0時を回っていた。


郊外にある今の家に住むようになってから、20時以降に外出していることはめったにないので、少しくたびれてしまった。


しかし、新築祝いといっても、儀式はともかくとしてパーティーには以前出席したものと比較しても実にいろいろなスタイルがあるのだということを、今回改めて知らされた。


まだ参加したことはないが、一度田舎の新築祝いも見てみたいものだ。










★お好きなバナーに、応援のワンクリックをお願いします!★

   にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ





Category

Archive

Archiveopen